トヨタ新型ヴィッツの評価を口コミを辛口チェック

ヴィッツはトヨタのコンパクトカーで、ノーマルエンジンを搭載した車種ならヴィッツが代表的な存在です。

エンジンは1300ccが主力で、ボディが軽いために動力性能にも余裕があり、小回りの利く街中の移動に適した車です。

その人気のトヨタヴィッツですが、実際の評価はどうなのでしょうか??

辛口評価のほか、燃費性能、おすすめグレード、値引き情報、中古車情報など、トヨタヴィッツのすべてを紹介していきます。

 

トヨタ新型ヴィッツの評価・評判

トヨタ・ヴィッツが輝いていたのは昔のことです。いまのヴィッツに大きなセールスポイントは見当たりません。

しかし輝いていないだけで、魅力がないわけではないのです。世界1のトヨタが世界中で売っているクルマなので、スキのないクルマといえます。

ズバリ、次の4つに当てはまる人は、いまが買いです。

・スタイルにあまり興味がない

・走りにもあまり興味がない

・ただただ15万キロを快適に走りたい

・クルマはお値打ち価格で買いたい

ヴィッツはモデル末期のため今が買い!

3代目となる現行ヴィッツは2010年4月のデビューです。フルモデルチェンジは2018年の後半という噂があります。

現行ヴィッツはいわゆるモデル末期状態ですので、成熟しているのに大幅値引きが期待できるのです。

 

トヨタ新型ヴィッツの値引き相場&交渉方法

 

トヨタ新型ヴィッツの辛口評価

2016年9月までの1年間の新車乗用車販売ランキングにおいて、ヴィッツは8位、約75,000台に沈んでいます。

ヴィッツと同格の日産・ノートは5位、約95,000台、ホンダ・フィットは3位、112,000台です。ヴィッツの没落ぶりがうかがい知れる数字です。

車体が大きくなって魅力薄に

現行ヴィッツのダメなところは、大きすぎることです。

鮮烈なデビューを果たし名車の呼び声高い初代ヴィッツより、長さで28cm、幅で4cmも拡大してしまいました。

トヨタはいつもこういうことをします。ヴィッツがなぜダメになったかというと…

初代は気合を入れて作ったので評判になったのですが、実が開発費にお金をかけすぎてあまり儲からなかったのです。

そこで2台目では車体を大きくして値段も上げて「グレードアップしました!」と宣伝しました。そうすると意外に売れたのです。

それをいいことに3代目にも同じ方式で儲けようとしましたが、通じたのは2代目までで、3代目ヴィッツは消費者にばれてしまいました。

それが今の販売結果に表れています。

 

トヨタヴィッツの燃費性能

ヴィッツにはハイブリッドが付いていないため燃費データは普通です。各グレードで若干の差がありますので、見てみましょう。

グレード 排気量 JC08モード燃費(km/L)
F 1.0L 21.6km/L
F 1.3L 25.0km/L
U 1.3L 25.0km/L
U 1.5L 19.6km/L
Jewela 1.0L 21.6km/L
Jewela 1.3L 25.0km/L
RS 1.5L 19.6km/L

 

ヴィッツには4WDの設定があり、4WDは余分な機械が付いているので燃費性能が落ちます。

ここでは各グレードのFFのみで比較しています。国土交通省審査値JC08での数字です。( )内は排気量です。

RSはスポーツモデルですが、ターボは付いていません。以前限定車でターボ付きが発売されましたが、現在は売っていません。

ヴィッツは普通の燃費

この数字には、まったく面白みがありません。プリウスやフィットなどは、ハイブリッドを搭載して40km/Lという数字を叩き出しています。

ヴィッツの燃費は、ハイブリッドが付いていない割にはいいね、といったところでしょうか。

トヨタの戦略を見抜け!

ヴィッツにハイブリッドが付いていないのは、ハイブリッド専用車のアクアを売るための戦略です。

「ハイブリッドが欲しいのであればアクアをどうぞ」という営業トークができます。

ただ、次のヴィッツにはハイブリッドが搭載される噂です。

恐らく燃費は、プリウスを超えるとんでもない数値になると思います。

トヨタ新型ヴィッツの価格と装備から見るおすすめグレードは?

グレード 価格
F(1.0L) 1,153,637円
F(1.3L) 1,448,182円
U(1.3L) 1,750,582円
U(1.5L) 1,791,818円
Jewela(1.0L) 1,417,745円
Jewela(1.3L) 1,647,491円
RS(1.5L) 1,883,127円

ヴィッツのおすすめグレードは1300ccのF(1.3L)

ディーラーの営業パーソンのいうことを聞いて買ってしまうと、無駄な装備に高いおカネを出してしまうことになります。

そこで買ってから後悔しない最もお得なヴィッツを紹介します。それは排気量1300ccのF(1.3L)です。理由を解説する前に、価格表をご覧ください。

ヴィッツの最低グレードと最高グレードの価格差は約90万円もあります。オススメのF(1.3L)は「下の上」という位置づけです。

トヨタ車は「中」が一番お買い得とされています。しかしヴィッツの「中」であるJewela(1.3L)は、F(1.3L)を少しばかり化粧直しした程度にとどまっています。なのに20万円も高いのです。

最低グレードのFは1000ccかないので後で後悔する

また最低グレードのF(1.0L)をオススメしないのは、エンジンが1000ccしかないからです。

この非力なエンジンでは、きっと買ってから「もう少しおカネをだして1300ccにすれば良かった」と後悔するでしょう。だからといって1500ccのU(1.5L)は価格が高すぎます。

いえ、正確に解説すると、U(1.5L)の179万1818円は妥当な価格で、F(1.3L)の144万8182円が大バーゲンなのです。

 

トヨタヴィッツの辛口評価まとめ

ヴィッツは1年半後にはモデルチェンジします。打倒フィットを掲げ、トヨタの総力を挙げて開発しているところだと思います。とても楽しみです。

それに比べて現行のヴィッツはいただけません。

・ヴィッツの名前で売ってきたクルマ

・特筆すべき長所もなく、ハイブリッドも搭載してもらない

・デザインももっさりしている

はっきりいって、楽しいクルマではありません。所有欲もそれほど高まらないでしょう。

確かに外れないクルマではあります。いまなら値引きも期待できます。そういう点に魅力を見いだせる人以外は、ヴィッツの購入は見送った方がいいでしょう。

 

トヨタ新型ヴィッツの値引き相場&交渉方法

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です