トヨタ新型ヴィッツの値引き相場&交渉方法【2018年8月】

トヨタヴィッツの値引き相場

ヴィッツ

 ・本体値引き相場:5~25万円

 ・オプション値引き相場:1~10万円

 ・目標値引き総額:30万円

ヴィッツの値引き相場は15万~30万円と開きがあります。

15万円の内訳は、本体13万円、オプション2万円です。30万円の内訳は、本体25万円、オプション5万円です。

ここから分かることは、オプションの値引き率が悪いということです。

 

 

トヨタヴィッツの値引き交渉方法

ヴィッツの本体価格の値引き金額は13万~25万円とかなり開きがあります。これは、強烈な値引き交渉をすれば本体25万円引きを引き出せる、という意味ではありません。

在庫処分を狙え

ではなぜ、本体の値引き金額にこれほどの開きがあるのでしょうか。それは在庫処分をしたいディーラーと、もうヴィッツを売ることを諦めているディーラーの差です。 ヴィッツの値引きが渋いディーラーは、「いまのヴィッツは売れなくてもいい」と考えています。そのような店でいくら粘っても、大幅値引きは期待できません。

オプションでも頑張れる

しかし「いくらでもいいから販売台数を稼ぎたい」と考えているディーラーであれば、本体25万円引きが期待できます。こういう店舗は緩いので、本体25万円引きが達成できたら、じっくりオプション交渉をしてください。
営業パーソンは「フィットにはかなわない」と考えています。ですので買う側が「真剣にフィットかヴィッツかで悩んでいる」ということを伝えると、営業パーソンはかなり力を入れてくるでしょう。

トヨタヴィッツのライバル車はホンダフィットとマツダデミオ

ホンダ・フィット

fit

ヴィッツを買おうとしている人は、必ずホンダディーラーでフィットを試乗してください。フィットは販売当初、繰り返しリコールを出したので、悪いイメージをもっている人も多いと思います。しかし課題をクリアしたいまのフィットには、なんの問題もありません。 トヨタ車しか買わないトヨタ党の人も、ヴィッツを検討したこの機会にフィットに乗って見てください。フィットの室内空間を味わうと「1位トヨタ、2位ホンダ」という先入観が覆るかもしれません。それくらいフィットはよくできたクルマなのです。 その印象をヴィッツの営業パーソンに伝えれば、危機感を覚えるはずです。

マツダ・デミオ

マツダ新型デミオの赤

万人を後悔させないクルマを目指しているヴィッツに対し、デミオはかなり趣味性の高いクルマです。クルマのレベルとしてはヴィッツとデミオは同じ土俵にのっていますが、目指す方向はまるで異なります。 デミオの魅力はデザイン性です。また、ディーゼルという強い武器も持っています。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した、本当に優れた小型車といえます。ただ10万kmを快適に走り切れるかというと、その点ではトヨタ車のヴィッツに軍配が上がるでしょう。

トヨタヴィッツの中古車情報

ヴィッツの魅力は長持ちすることです。上手に乗れば20万kmを走ることもできます。ですので中古車は狙い目です。

走行が少ない車体がオススメ

例えばF(1.3L)の2014年型、2万km走行車は、新車価格より30万円も安いです。
ただ面白いのは、3万km以上走ったヴィッツがさらに安くなるかというと、そうでもないのです。同じグレードの1万km走行車と3.5万km走行車の価格差は数万円に過ぎません。そうなると、新車の香りが残っている1万km以下が狙い目でしょう。

スポーツタイプも視野に

また中古車であればスポーツバージョンのヴィッツが視野に入るのではないでしょうか。2015年型、1万km未満走行のRS(1.5L)が165万円です。新車より23万円も安いです。 RS(1.5L)はなんとマニュアル車なのです。オートマ車全盛のいま、かなり貴重です。マニュアルの楽しさは、クルマを動かしているという実感でしょう。ヴィッツにマニュアルがあることを知らない人も多いのではないでしょうか。 安いグレードのヴィッツはオートマだけなので、マニュアル・ヴィッツを狙っている人には、中古のRSがとてもオススメです。

⇒ トヨタ新型ヴィッツの評価・口コミを辛口チェック

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です