ホンダ新型ステップワゴンの値引き相場&交渉方法【2018年12月】

ホンダ新型ステップワゴンの値引き相場

ステップワゴンの目標値引き額

 ・本体値引き相場:5~35万円

 ・オプション値引き相場:2~10万円

 ・目標値引き総額:30万円

スパーダの値引き率はとても悪いです。通常の値引き交渉では、車体価格5万円引き、オプション2万円程度で終わってしまいます。

ホンダディーラーは「安く買いたいならスパーダでないグレードをどうぞ」という態度です。

その代わり、G・EXやGはかなり頑張ります。車体35万円引き、オプション10万円引きの計45万円引きをゲットした強者もいます。

そこまでいくには、ディーラーのコネが必要ですが、合計30万円引きは目指しましょう。

 

ホンダ新型ステップワゴンの値引き交渉方法

2大ライバル車と競わせよう

ステップワゴンの新車を安く買うことは、2大ライバル車と競わせることです。

トヨタ・ヴォクシーと日産・セレナは、ホンダディーラーに行く前に必ず見ておきましょう。ディーラー巡りの鉄則は、本命は後からです。

 

まずGグレードから攻める

ステップワゴンのグレードは「スパーダ・クール」「スパーダ」「G・EX」「G」「B」の5つです。いずれもFFか4WDが選択できます。

ホンダディーラーは、スパーダを安売りしたくないと考えています。

しかも営業担当は、ステップワゴンを買いに来る客の多くが、スパーダ狙いであることを知っています。

そこで最初からスパーダがほしいことを伝えてしまうと、強気の態度に出られてしまいます。

そこで「Gぐらいでいいんですけど」と伝えましょう。この言い方がポイントです。

Gグレードでよいと考えている人はトヨタでも日産でもよいと考えている人、とホンダの営業担当は思っています。

Gグレードを十分値下げできなかったことで客をトヨタや日産に取られたら大変ですので、営業担当のボルテージが上がるでしょう。

 

最後にスパーダを持ち出そう

スパーダがほしいという本音は、最後の最後に出しましょう。

ヴォクシーとセレナの限界値引きが出そろって、スパーダ「G」の値引きが総額30万円引きを超えたら、「じゃあ、スパーダだったらどれくらい値引きできますか」と切り出すのです。

ホンダの営業担当は最後の力を振り絞るでしょう。

 

ホンダ新型ステップワゴンのライバル車はトヨタヴォクシーと日産セレナ

トヨタ・ヴォクシー

トヨタ新型ヴォクシー

ヴォクシーは本当に良くできたクルマです。その証拠に新車売上げでミニバン・ナンバーワンを達成しました。

トヨタ品質に加えて、デザインが秀逸です。カクカクした外観は、ミニバンでも格好良く走るために生まれました。

トヨタ・ノアとは、中身が同じの双子車なのですが、ヴォクシーの方が断然売れています。

ステップワゴンのコンセプトが薄れた分、ヴォクシーの鮮明なコンセプトが光ります。それが顧客に支持されたのだと思います。

 

日産・セレナ

日産セレナ

セレナは、販売不振に苦しむ日産の数少ないドル箱車です。これを売らなきゃ何を売る、というクルマです。妥協のない作り込みがされているクルマです。

それゆえ、ステップワゴンが本命だった人でも、セレナを試乗すると気持ちが変わるかもしれません。

クルマの良さだけではなく日産の営業担当も、ステップワゴンがライバルであると知ればテンションが上がるでしょう。

破格の値引きを引き出せるかもしれません。

 

ホンダ新型ステップワゴンの中古車情報

現行ステップワゴンの中古車はあまりおすすめできません。というのも、1万km走行車でも、値落ちは20万円程度です。

また普通のクルマであれば、走行距離が延びれば延びるほど価格は下がるのですが、ステップワゴンの場合、1万km走行車と3万km走行車の価格差は10万円もありません。

特にスパーダは人気車だけあって、あまり安くなっていません。

しかも、先代にあたる4代目ステップワゴンの中古車も高値安定です。それもそのはずで、ステップワゴンはかなり丈夫なクルマとして知られています。走行距離が20万km以上というオーナーがざらにいます。

そこで中古ステップワゴンを狙うなら2つ前の3代目でしょう。ここまで妥協すれば中古車のお買得感が実感できるでしょう。

 

ホンダ新型ステップワゴンの値引き相場&交渉方法まとめ

スパーダの値引き率はとても悪いので、スパーダ狙いの場合は緻密に作戦を立てましょう。

■値引きのコツ■
・トヨタヴォクシーと日産セレナを競わせよう

・最初はスパーダ狙いとは言わず、Gグレードから攻めよう

・今乗っている車を高く売り、新車購入の資金に充てる

 

⇒ ホンダ新型ステップワゴンの評価&口コミを徹底調査

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です