本体18万円オプション5.5万円の値引きに成功!プリウスの値引き体験談

プロフィール

35才男性、神奈川県在住。プリウス、Sグレード、白。

本体225万円 ⇒ 207万円

オプション27万円 ⇒ 21.5万円

 

ハイブリッドカーのアクアかプリウスを購入検討

勤務先が遠く片道40kmかけて通っていたため、ガソリン代だけで月3万円以上費やしていました。

アルファ-ドを7年以上使用しており燃費も7km/L位でとても悪かったので、ハイブットカ-の購入を検討していました。その時に検討に上がったのはトヨタのアクアとプリウスでした。

私はいつも決まってトヨタネッツの車を好き好んで乗っていたので他の販売店の車は正直検討材料に入っていませんでした。

しかし欲しい車を安く購入する為には不必要なディ-ラ-周りをして見積もりを取ってもらうことがとても重要なのでした。

当時アクアは販売が始まったばかりで大人気車種で納車まで半年以上待たされる事態でした。プリウスもマイナ-チェンジをしたばかりで、馴染みのディ-ラ-さんは中々値引きをしてくれない有様。

最初提示された見積もり値引き額はアクアは5万円、プリウスは7万円と何とも足元をみられている始末でした。

このままではほぼ定価で新車を買わざる得ない状況に、私はネットで値引き交渉術の口コミを片っ端から読み漁りました。その中で最も効果的であろう手段が3つありましたので実践したのです。

 

作戦①たくさんのディーラーを周る!営業所や販売店に出向き値引き交渉

1つ目は、「ディ-ラ-は出来るだけ多くの店を周りなさい」です。これは、欲しい車のディ-ラ-だけ行って値引き交渉をするのではなく、同じ車を買うにも同じディ-ラ-のいろいろな営業所や色々で販売店に出向き交渉するということです。

特にトヨタ車はプリウス・アクアは全ての販売店で売り出されているため、ネッツトヨタ神奈川・ネッツ湘南・ネッツ横浜・横浜トヨペット・神奈川トヨタ・トヨタカロ-ラ神奈川とトヨタだけで6店舗を周りアクアとプリウスの見積もりを取りました。

しかし、最終的には馴染みの営業マンがいるネッツ湘南で購入しようと心で決めていたので、他の5店舗は正直言うと冷やかしです。

冷やかしの手口は他のトヨタで出してもらった見積もりを手にしてふらっとディ-ラ-に立ち寄り展示車を眺めています、すると必ず営業マンが擦り寄り「プリウス気になりますか」って声を掛けてくるのです。あとは欲しい気持ちを営業マンにぶつけて手持ちの見積もりを見せて「なかなか値引きしてくれない」って愚痴るんです。

営業マンは何とか他の販売店より安くしようと頑張ってくれる良心的な方と、鼻から冷やかしだなってヤル気を見せない営業マンと分かれます。頑張らない営業マンの店では大した話もせずに見積もりだけ頂き帰ります。

熱意のある営業マンに対しては私も熱弁をふるい、本気で購入する意思を見せます、そして具体的なオプション・納期など具体性のある話を持ちかけて話を進めます

最終的には「良い見積もりが頂ければ妻に相談して回答します」とその場では即決できないけど、でも私は欲しいという素振りを全面に出して見積もり額を頑張ってもらいました。

しかし当時のアクアはどの販売店も割引は精々5万円~7万円にしかならずどこのトヨタも相当売れ行きが良く「金額に納得してくれないなら買わなくてもいいよ」っていう心の声が本当に良く聞こえてしまいました。

この時点でアクアの値引きは断念し「プリウス」1本で行こうと決意しました。プリウスは5万円~10万円の中で唯一15万円割引で見積もりを出してくれた営業マンがいました。

そのディ-ラ-は本命ではなかったので、私は本当に心が痛みましたが、最後まで買う素振りを出し続けた結果に勝ち取った見積もりです。その後15万円の見積もりを手に握り本命のディ-ラ-に戦いを挑んだのです。

馴染みの営業マンも「よく15万円引いてくれましたね」って困惑顔でしたが、「一元の客にここまで割引する店があるのに馴染みのこの店は更に頑張ってくれるんだよね?」って発破をかけると営業マンはしばし離席して裏に言って上司に掛け合ったくれました。

10分後営業マンは上司らしき方を引き連れて戻ってくると「わかりました、うちは18万円引かせてもらいます」と回答、しかし私の中で今回の割引は目標25万円決めていたので納得しませんでした。

なぜ25万かというと、その時のプリウスのSグレ-ドの値引きランキングが23万円が最高であったので上回る25万円も目標にしていました。あと7万円の値引き交渉がここから始まりました。

 

作戦②オプションで値切る

これが2つ目の値引き交渉「オプションで値切る」です。

オプションはナビ(SD・フルセグ)と内臓ETC・フロアマット・バイザ-と決めていたので営業マンに伝えると、「18万円引いているので・・・ここは厳しいです」想定内の回答。

しかし10万円のナビと2万円のETC、5万円のマット2万円のバイザ-ともろもろ工賃込で締めて22万円では値引きできないはずがない、「もし値引きないならオプションはなし、すべて自分で外注でそろえる」って脅すとここではETC工賃をカットすることで約5,000円のカットに成功しました。

オプションは更に追加していればもう少し値引き可能かなと思いましたが、正直カ-用品店買う方が安上がりな物まで買う必要はないと思いこの程度でとどめました。

 

作戦③人情と今後の付き合いを最大限に利用する

最後の手段が3つ目です、これは私の持論ですが「人情と今後の付き合いを最大限に利用する」です。

私は車を既に1台持っていて、プリウスを買い2台にするつもりでした。

もう1台の車はネッツで買った既に8年乗っているアルファ-ド、、そして数年後には買い替えが控えている。そのことを全面にアピールしました。

これが何になるのかと言うと、「次アルファ-ドを買い替える時もここで買うよ」っていうアピールです、そして「メンテナンスや修理や車検も2台ともここを使うよ」っていうことです。

ディ-ラ-にとっては新車成約も大切ですが、車検・点検・修理も大きな収入元です。要は「プリウス売っても薄利かもしれないけど、今後のことを考えれば得だよね?」っていう交渉です。

営業マンも最後は「わかりました、金額ではもう無理なのでグラスコ-ト5万円分をサ-ビスさせて下さい、これで勘弁して下さい」と応じてくれたので総額値引き235,000円で目標には達しませんでしたが契約をしました

 

3週間で6店舗14回周り納得の値引き額をゲット

最終的にはプリウスSグレ-ドの白。本体225万円が207万円になり、オプション27万円が21.5万円となりました。

購入を決めてから実際に契約するまでに費やした期間は3週間、周った店舗は6店舗を総計14回周りかなり動力は使いました。

今期は必要なのと、いつも思わせぶりな態度をとらないといけないので、熱意のある営業マンには本当に悪いことをしたなっていう罪悪感は残りましたが、値引き額としては本当に満足の行く結果となりました。

トヨタ新型プリウス/ハイブリッドの値引き相場&交渉方法

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です