トヨタ新型プリウス/ハイブリッドの値引き相場&交渉方法【2018年8月】

トヨタ新型プリウスの値引き相場

 ・本体値引き相場:17万円

 ・オプション値引き相場:3万円

 ・目標値引き総額:20万円

値引き交渉の目標は総額20万円引きに据えましょう。しかしプリウスの値引き額は、5万円にひとつの壁があります。

かなり強めの値引き交渉を行っても、営業担当から「5万円が限界です」と言われてしまいます。

なぜなら、プリウスはナンバー1でありオンリー1だからです。トヨタ側は「ほかのクルマでよければそちらをどうぞ」と考えています。それで5万円+アルファ程度の値引きで購入している人は多いようです。

しかし車体価格17万円引き、オプション3万円引きの総額20万円引きをゲットしている人もいます。この金額で買うには、テクニックが必要ですが、あきらめなければ誰でも達成できる金額です。

 

値引き相場がわかったら下取り車の買取相場を調べる

今乗っている車を高く売ることができれば新車を安く購入できることと同じです。

一般的な流れでは新車を購入するディーラーでそのまま下取りしてもらうことになります。

でも待ってください!その下取り額は適正価格ですか??

適正価格かを調べるためには車の無料一括査定がおすすめです!

一括査定は一度に複数の買取業者に見積もりを取ってくれる今流行の便利なサービスです。複数の買取業者で見積もりを取れるので自分の車の査定額がいくらになるのか知ることができます。

買取業者を1社1社回ると手間と労力がかかりますが、このサービスを利用すれば手間がかからないので効率がいいのです。もちろんみなさんが知っている買取業者も参加しています。ガリバー・ラビット・アップル・カーチスなど大手買取業者なので安心です。

123456

この車の無料一括査定を利用して自分の車の適正価格を知っておきましょう。そしていざディーラーで下取りとなったときに、その下取り額が適正だか判断することができます。

車の無料一括査定かんたん車査定ガイドはこちら

 

トヨタ新型プリウスの値引き交渉方法

20万円引きをあきらめるな

プリウスで総額20万円引きをゲットするには、訪問できるトヨタの販売店をすべて回ることです。プリウスは、トヨタのどの販売店でも買うことができます。つまりプリウスの営業担当のライバルは、他店のプリウス販売店なのです。

若い営業担当を回避せよ

ディーラーを訪問したときに、若い営業担当に声をかけられ、その人が担当になってしまったという経験はないでしょうか。若い営業担当には、値引き額の決定権がありません。いちいち上司におうかがいを立てなければならないので、交渉に時間がかかります。

一方で、最初から上司に担当してもらえれば、交渉時間が短縮できるだけでなく、大幅な値引きも期待できます。

力の見極め方

プリウスのような、メーカーが渾身の力を込めて作ったクルマの購入では特に、営業担当の力によって値引き額が大きく変わってきます。なので、多くの販売店を回って、力のある営業担当を見つけましょう。

力のある営業担当の見極め方は簡単です。早い段階で値引きの話をする営業担当は優秀なことが多いでしょう。一方で、若くてしかも力のない営業担当は、ずっとクルマの性能の話をします。客側が「で、どれくらい値引きしてくれるの?」と単刀直入に聞いても、車体価格には触れずに、オプションを少し付けるというだけです。そういう営業担当と話していても時間のムダです。次の店に行きましょう。

2段階方式

結婚している人がプリウスのようなファミリーカーを買う場合、2段階方式が有効です。まずは夫が1人でディーラーに行き、値引き交渉を行います。そしてかなりいい金額が出てきたら、「最終的には妻が決める」と切り出すのです。そこで初めて奥さんをディーラーに連れて行きます。こうすることで、仕切り直しの雰囲気が生まれます。営業担当に、新たなハードルが現れたと思わせることで、もう1段階の値引きを引き出すのです。

トヨタ新型プリウスのライバル車は日産ティアナとマツダアテンザ

プリウスは専門家の間ではセダンというくくりですが、一般的にはプリウスはプリウスです。そういった意味で、プリウスのライバルは存在しません。しかしあえて挙げるなら次の2台でしょう。

日産・ティアナ

ティアナはセダンでは中くらいのグレードです。実際に試乗すると、高級感を味わえるでしょう。しかし圧倒的な知名度の低さから、クルマの良さが知られていません。また、不人気者であることから、大幅な値引きが期待できます。

日産のディーラーで「ティアナかプリウスか迷っている」と言えば、営業担当は頑張るはずです。車体価格だけで30万円引きも難しくないでしょう。東京や大阪などの大都市圏では、オプションと併せて総額45万円引きも不可能ではありません。

マツダ・アテンザ

アテンザはトヨタ・マークXと同じグレードの高級セダンです。なので、プリウスよりは1つか1つ半ほど、格上となります。しかしアテンザの低いグレードであれば、プリウスの上級グレードと車体価格がかぶってきます。

プリウスの世界1のハイブリッド性能も魅力的ですが、マツダがコスト度外視で作り上げたアテンザの高級感もそれに劣らぬ魅力があります。

風格といい走行性能といい、オーナーの満足度はアテンザの方が高いかもしれません。

 

トヨタ新型プリウスの中古車情報

現行プリウスの中古車は、しばらくは買わない方がいいでしょう。ほとんど安くなっていません。新車購入時の諸費用分が減額されているくらいです。新車を買った人が受けられるディーラーの待遇を考えると、それくらいの金額を節約するのはもったいないです。

というわけで、中古のプリウスなら、2009年から2015年まで販売された、先代の3代目プリウスが狙い目です。

2015年式、1.1万km走行のSは、車体価格203万円です。現行のSの新車価格が2,479,091円ですから、45万円も安いです。2015年式ということは、現行車が出た年ですので、先代の最終型ということになります。最終型は細かい修正が加わっているので、故障が少ないといわれています。

5万kmも走っていると、価格はもっと期待できます。2011年式、5万km走行のS“ツーリングセレクション”は車体価格が90万円です。プリウスの電池を心配する人もいますが、これだけ安いと電池を交換しても元が取れます。

プリウスは売れに売れているクルマなので、現行車を除けば、中古車のコスパは全体的に良好です。

 

トヨタ新型プリウス/ハイブリッドの値引き相場&交渉方法まとめ

■値引きのコツ■
・ハリアーの見積もりを事前に取る

・マツダCX-5は引き合いに出さない

・2週間以内に30万達成したらまだまだいける

・今乗っている車を高く売り、新車購入の資金に充てる

 

⇒ トヨタ新型プリウス/ハイブリッドの評価・口コミを辛口チェック

 

⇒ 本体18万円オプション5.5万円の値引きに成功!プリウスの値引き体験談

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です