トヨタ新型ノアの値引き相場&交渉方法【2018年12月】

トヨタ新型ノアの値引き相場

新型ノア

 ・本体値引き相場:25万円

 ・オプション値引き相場:5万円

 ・目標値引き総額:30万円

ノアの値引き額は、車体25万円、オプション5万円の総額30万円を目指しましょう

。総額25万円までは、3から4回の交渉で達成できます。そこからの5万円引きはかなり苦労するかもしれません。

しかし信頼のおける情報筋によると、総額43万円引きを達成した強者もいます。総額30万円は最低目標です。

 

トヨタ新型ノアの値引き交渉方法

他社と競合させよう

ノアを売っているのはトヨタディーラーの中でもカローラ店です。

ノアを本命にしている人は、カローラ店に行く前に必ずホンダ・ステップワゴンと日産・セレナの試乗は済ませておいてください。その際、見積書ももらうとよいでしょう。

特に日産ディーラーで「この後ノアを見に行く」といえば、最初の見積もりでもかなりの値引き額を提示するでしょう。

それをカローラ店の営業担当に見せれば、ヒートアップすること間違いなしです。

双子対決

ノアの双子車であるヴォクシーは、ネッツ店で売っています。

つまりノアとネッツは、同じトヨタ車であるにもかかわらず、販売会社が異なるガチンコ・ライバルなのです。

しかも双子車なので、製造コストは同じです。ヴォクシーで大幅値引きを引き出すことができれば、ノアの営業担当に「同じ金額を出せるはず」と迫ることができます。

ノアの営業担当をその気にさせる言葉はこれです。

「ヴォクシーのあのごつごつしたデザインが嫌なんだよなあ」

ノアファンであることをPRしつつ、でも値引きで負けたら他のクルマを買うよというスタンスを持つことが大幅値引きを引き出すコツです。

 

値引き相場がわかったら下取り車の買取相場を調べる

アクアを購入するということは、今乗っている車を売るということになります。

その車を高く売ることができれば新車を安く購入できることと同じです。

一般的な流れでは新車を購入するディーラーでそのまま下取りしてもらうことになります。

でも待ってください!その下取り額は適正価格ですか??

適正価格かを調べるためには車の無料一括査定がおすすめです!

一括査定は一度に複数の買取業者に見積もりを取ってくれる今流行の便利なサービスです。複数の買取業者で見積もりを取れるので自分の車の査定額がいくらになるのか知ることができます。

買取業者を1社1社回ると手間と労力がかかりますが、このサービスを利用すれば手間がかからないので効率がいいのです。もちろんみなさんが知っている買取業者も参加しています。ガリバー・ラビット・アップル・カーチスなど大手買取業者なので安心です。

123456

この車の無料一括査定を利用して自分の車の適正価格を知っておきましょう。そしていざディーラーで下取りとなったときに、その下取り額が適正だか判断することができます。

車の無料一括査定かんたん車査定ガイドはこちら

 

トヨタ新型ノアのライバル車はステップワゴンとセレナ

ホンダ・ステップワゴン

ステップワゴンは長く低迷しています。それはトヨタのミニバンの魅力が格段に向上したからです。

しかしホンダは真剣にトヨタを追いかけています。その結果、ステップワゴンの利便性はトヨタ車にかなり接近してきました。

また、ステップワゴンはノアにない、若いイメージがあります。それはスパーダというグレードに現れています。ステップワゴン・スパーダは、走りの良さを追求した異色のミニバンです。

日産・セレナ

セレナはかつて、販売台数でミニバン・ナンバーワンを誇っていました。

ところが最近、トヨタ・シエンタにその座を奪われました。そこで日産は、総力を挙げてセレナの底上げを図っています。

ミニバンの購買層はコスパを重視します。そこで日産ディーラーは、値段で勝負してきます。セレナの営業戦略は「性能でノアを上回り、価格でノアを下回る」です。

実際、セレナは質実剛健な良いミニバンです。ノアかセレナかで迷い、最後は営業担当の人柄で決めたという人もいるくらいです。

それくらい、ノアとセレナの実力は拮抗しています。セレナを見ずに、ノアの契約をしないでください。

 

トヨタ新型ノアの中古車情報

ノアは2014年にフルモデルチェンジしたばかりなので、現行ノアの中古車はうまみが少ないでしょう。あまり値段が下がっていません。

そこでおすすめなのが、1つ前の型のノアです。

1つ前といっても、ノアは成熟しつつある車種なので、十分なクオリティがあります。

4万km走行車で新車より30万~40万円安で買うことができます。走行の割にお値打ち感がないと感じるかもしれませんが、そうではありません。

ノアを買う人は、高性能ナビなどの高額オプションを多く付ける人が大半です。ですので、新車との実質的な価格差は50万円を軽く超えます。

また思い切って5万km以上走っているノアを選択すると、表示金額で新車の50万円安は簡単に達成できます。

これはノアを選ぶ人は内装の汚れを気にする人が多いためです。

トヨタ車であれば5万km走行ぐらいでは、走りの性能に大きな変化は見られませんが、車内の臭いや細かな傷が目立ち始めます。

それが敬遠されることが多いので、値段がガクンと落ちるのです。

 

トヨタ新型ノアの値引き相場&交渉方法まとめ

■値引きのコツ■
・ステップワゴンと日産セレナを競わせよう

・今乗っている車を高く売り、新車購入の資金に充てる

 

⇒ トヨタ新型ノアの評価&口コミを徹底調査はこちら

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です