ダイハツ新型ムーヴの評価・口コミを辛口チェック【2018年5月】

ダイハツ・ムーヴの評価・評判

ダイハツムーヴ

ムーヴの狙いは、そこそこ、です。尖ったところを作らず、誰でも気軽に乗れるクルマを目指しています。現行のムーヴの特徴は、

・2015年にフルモデルチェンジを受けた6代目

・2016年9月の軽自動車新車販売ランキング5位

・背は低くないが高くもない

とはいえ、最近の軽は背が高いと売れないので、ムーヴの高さは163cmもあります。しかし同じダイハツのタントの175cmと比べると、かなり低く作っています。

軽自動車は実用性が求められます。オーナーが最も強く実用性を実感できるのは、広さです。

それでもムーヴが室内空間の広さにそれほどこだわらなかったのは、格好良さをと走りを追求したからです。

これが軽自動車作りの難しいところなんです。ムーヴは尖ったところがないことで売れてきたクルマですが、軽自動車を買い求める人は、それでもやっぱり格好良いクルマがほしいのです。

ダイハツは、こうした気難しい消費者の要望に応えるために、ムーヴのほかに、エアロバーツや派手なボディカラーを身にまとったムーヴカスタムという上級グレードを用意しました。

ダイハツのこの器用さこそ、スズキから軽ナンバーワンの座をもぎ取ることができた強みです。

ムーヴの値引き相場を知りたい方はこちら

 

ムーヴの辛口評価

つまらないクルマが売れることは、実は珍しい現象ではありません。トヨタ・カローラも、非常につまらないクルマですが売れ続けています。

ムーヴもつまらないクルマですが、やっぱり売れています。それは名前に力があるからです。

多くのクルマ所有者は、クルマについて詳しくありません。それで「クルマのことを知らない私が知っている名前なんだから、きっと外れないだろう」とつまらないクルマを買ってしまうのです。

ムーヴは車体価格が安い部類に入るのですが、安さならダイハツ・ミライースがダントツです。

ムーヴにはおしゃれ装備を付けたグレードがありますが、スタイリッシュさなら、新しいブランドのダイハツ・キャストがおすすめです。

ムーヴはそこそこ背が高いのですが、背の高さではダイハツ・ウェイクに全然負けています。ムーヴはとても保守的なクルマなのです。

 

ムーヴの燃費性能

ムーヴにはターボ車とターボなし車があります。ターボ車の燃費は27.4km/L、ターボなし車は31.0km/Lです。

ただしこの数字はカタログ数値といって、メーカーが最良な条件でクルマを走らせたときの性能です。

ですので街中で走ると燃費性能は落ちます。実際には大体6割程度といわれています。ターボ車だと16.4km/L、ターボなし車だと18.6km/Lくらいです。

それでも一昔前では考えられない数字です。乗用車からムーヴに乗り換えたばかりの人なら、燃料計があまりに下がらないので、故障したのでは?と心配になるかもしれません。

ただ、燃費でもミライースにかなわないのです。ミライースはカタログ数値で35.2km/Lも走ります。しかしもっとすごいのはスズキで、アルトはカタログ数値で37.8km/Lも走ります。

 

ムーヴの価格と装備から見るおすすめグレードは?

ムーヴのおすすめグレードは、Xターボ“SAⅡ”です。車体価格は税込みで1,382,400円。燃費は27.4km/Lです。

このグレードは、ムーヴカスタムを除くと、ムーヴの中で最も高いグレードです。なぜムーヴの下のグレードをおすすめしないかというと、下のグレードなのにそれほど安くないからです。

あまりコスパ効果が期待できないのです。それであれば、多少余分におカネを払ってでも、ムーヴでは上を狙うべきでしょう。

Xターボ“SAⅡ”の特徴は、ターボが付いていることと、SAⅡが付いていることです。

まずターボですが、ムーヴに限らず軽自動車を買うときはできればターボ車を選びましょう。排気量が小さい軽自動車は、ターボが付いてようやく普通の走りができます。

軽自動車にとってのターボは、ドーピング剤ではなくサプリメントです。

SAⅡは「スマートアシストⅡ」の略です。衝突回避支援ブレーキ機能、車線逸脱警報機能、衝突警報機能の3つの安全機能が付いています。これだけの機能が付いて、SAⅡなしのグレードより7万円高いだけです。

ムーヴの買い方のコツは、多少の出費は惜しまないことですが、ムーヴカスタムはさすがに過剰です。デザインが気に入った人以外は避けましょう。

グレードごとの料金表は次の通りです。4WD車は省略しています。

 

ダイハツ新型ムーヴの辛口評価まとめ

ダイハツには魅力的な軽自動車がたくさんあります。車中泊ができる広々タイプから、オープンカーまでそろえています。

その中で、モデルチェンジを繰り返しているとはいえ、誕生から20年以上が経過しているムーヴには、なんら新味がありません。

軽自動車の魅力は安さだけでなく、そのキャラクターにあります。軽自動車は面白いんです。しかしムーヴには面白みが欠けています。

それは、メーカー側に「ムーヴはこうあらねばならぬ」という気持ちがあるからです。キャラ作りは他の新型車に任せて、ムーヴは保守本流を突き進むというわけです。

良くできたクルマですが、クルマ好きには少々物足りない感じがします。

ムーヴの値引き相場を知りたい方はこちら

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です