ディーラーに騙されるな!限界まで新車の値引きに挑戦

トヨタのヴォクシーハイブリッドはミニバントップの燃費で大人気の車種です。

私も子供が大きくなってきたので後席の狭いアクアから、室内が広々としたヴォクシーハイブリッドへ乗り換えました。

いざ新車購入となったときには「少しでも安く買いたい」と思うのが人情です。

新車購入時の値引きを期待する私に、立ちはだかったのはディーラーのセールスマン。

交渉のプロ、百戦錬磨のセールスに素人の私がかなうはずもありません。私も危うく騙されかけました。

セールスは、都合の悪いことを「あえて言わない」「詳しく説明しない」ことで、こちらの見落としミスを誘います。

しっかり情報を持っていれば、騙されることはありません。契約してしまってから後悔する前に、この記事を参考にしてください。

まずはヴォクシーの値引き相場を確認

雑誌やネットで調べると、ヴォクシーハイブリッドの値引き相場は車両本体から25~30万ぐらいです。

ヴォクシーハイブリッドのマイナーチェンジや、ライバルのステップワゴンやセレナのチェンジによっても値引き額は変動するので、常に最新の相場を確認しておきましょう。

値引き相場を目標に、ネットに書かれていた値引き交渉の情報を参考にして、兄弟車のノアや他社ライバルと競合させたり、資本の異なるネッツ店同士で競合させたりしました。

ちょうど新型セレナが発表された直後だったこともあって、各ディーラーのセールスもミニバンの拡販に力が入っていました。

交渉の甲斐あって、最終的に車両本体から28万円、ディーラーオプションのナビやガラスコーティング、アクセサリーなどから2万円、合計30万円と納得のいく値引きを引き出すことができました。

ネットの値引き相場情報とほぼ同じ額ですし、セールスも「店長決済で本当にこれが精いっぱいです」と言ってきたので、これ以上の条件は出ないだろうと思っていました。

十分な値引きのはずが…

ディーラーのセールスの対応も紳士的だったのですっかり信用していたのですが、慎重な妻の勧めもあって、以前車のディーラーに勤めていた妻の親戚に見積もりを確認してもらいました。

その親戚に見積もりを見せた途端「もう一度交渉した方がいい」と言われました。

最初はわけがわからなかったのですが、理由を聞くとアクアの下取り価格が相場より30万程安く見積もりされているようです。

実際アクアは6年も乗っていましたし、小さな子供を乗せていたこともあって、シートのシミや内装の汚れがありました。

また、ベビーカーで擦ってしまったボディのキズも多く、ディーラーの下取り23万円という金額に「そんなものかな」と思っていました。

ディーラー以外で査定をしてみる

みすみす30万円も損をするのは嫌なので、ディーラー以外での下取り査定をすることにしました。

見積を確認してくれた親戚が「どんな車でも平均15万以上高く買い取ってくれる」という一括査定サイトをすすめてくれたので、利用してみることにしました。

実はアクアを買う際にネットの一括査定申込を利用したことがあったのですが、申込した途端複数の業者から一斉に連絡があり、数日間は電話が続いて面倒な思いをしました。

しかも肝心の査定額はすぐには教えてくれず「とにかく査定させてください」の依頼ばかりで閉口した経験もあって、今回は利用していませんでした。

すすめてくれた『かんたん車査定ガイド』は、親戚から「利用した時に2~3社ぐらいからは当日連絡があったけど、

その後はしつこくないし、メールだけで回答する買取業者もあった」と聞いたので、少し安心して利用できました。

<かんたん車査定ガイドはコチラ>

わかりやすい入力画面から車種と年式などの情報を入れるだけで、すぐに概算価格が表示されました。

車の査定画面

親戚が言った通り、アクアの下取り査定額はディーラーの提示額と比較して、なんと30万程度の開きがあることがわかりました。

その後業者さんから数件の電話がかかってきましたが、どの業者さんも丁寧な対応で翌日には業者さんからの連絡は無くなりました。

実際にメールだけで査定額を提示した業者さんもいました。

数社で査定してもらいましたが、査定額も39万円~55万円と表示された概算価格通りの金額が付きました。

査定の際に、内装汚れやボディのキズについても正直に伝えましたが、「内装汚れはクリーニングで落ちるので、査定にはあまり響かない」「ボディに大きなへこみが無く、板金の必要が無い擦りキズレベルであれば問題ない」ということでした。

最高額をつけてもらった業者さんでは、「アクアは中古車市場でも人気車で回転が良く、ハイブリッド専門の中古車店も経営しているので、とにかく数を仕入れたい」と言っていました。

担当セールスに再アタック。下取りが30万アップしました

買取業者の見積が終わったところで、担当セールスとアポを取りディーラーに向かいました。

セールスはすっかり契約だと思って準備していたみたいですが、買取業者の見積書を見ると顔色が変わり「上司と相談してきます」とそそくさと事務所に向かいました。

15分ほど待たされましたが、セールスが新しく持ってきた見積もりには、下取り価格が30万アップしていました。

セールスは「期末なので特別価格で下取りさせてもらいます」と言ってましたが、きっと最初からこの下取り価格で出せたのだと思います。

こちらがアクションをしなければ、そのまま契約してしまうところでした。

下取り査定はお早めに

ヴォクシーハイブリッドを買うにあたって新車の値引き相場や交渉術ばかり調べていましたが、下取り価格の相場は調べていませんでした。

今新車を買おうと交渉されている人は、すぐにでも一括査定して自分の車の下取り相場をおさえましょう。

あなたの見積もりも「コッソリと」下取り価格が下げられているかもしれません。

概算価格を確認して伝えるだけでも、セールスにプレッシャーをかけるには十分です。

これから新車選びをされる方も、カタログを見てあれこれ迷うだけでなく、時間のあるうちに査定をしておきましょう。

私の場合途中で気づいたため、ディーラーのセールスと新車購入の交渉をしながら、買取業者と下取り交渉を同時に進めるのは精神的にも大変でした。

値引きの厳しい人気車や発売直後のモデルだと、値引きの代わりに下取り価格を最初から上げて見積もってくれる場合もあるそうなので、下取り相場を知っておけば正しい判断ができます。

今回「かんたん査定ガイド」には大変お世話になりました。無料ですぐに概算価格がわかり、相場を知るだけでも便利なので、お得に活用しましょう。

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です