トヨタ新型カローラフィールダー/ハイブリッドの値引き相場&交渉方法【2018年8月】

トヨタ新型カローラフィールダー/ハイブリッドの値引き相場

カローラーフィールダー目標値引き額

 ・本体値引き相場:22万円

 ・オプション値引き相場:3万円

 ・目標値引き総額:25万円

 

これだけ渋いのは、カローラフィールダーは置いておいても必ず売れるクルマだからです。ディーラーとしては、30万円も40万円も値引くつもりはありません。

ですので総額25万円ですら、到達するのは簡単ではありません。引き粘り強い交渉が必要になってくるでしょう。

 

値引き相場がわかったら下取り車の買取相場を調べる

アクアを購入するということは、今乗っている車を売るということになります。

その車を高く売ることができれば新車を安く購入できることと同じです。

一般的な流れでは新車を購入するディーラーでそのまま下取りしてもらうことになります。

でも待ってください!その下取り額は適正価格ですか??

適正価格かを調べるためには車の無料一括査定がおすすめです!

一括査定は一度に複数の買取業者に見積もりを取ってくれる今流行の便利なサービスです。複数の買取業者で見積もりを取れるので自分の車の査定額がいくらになるのか知ることができます。

買取業者を1社1社回ると手間と労力がかかりますが、このサービスを利用すれば手間がかからないので効率がいいのです。もちろんみなさんが知っている買取業者も参加しています。ガリバー・ラビット・アップル・カーチスなど大手買取業者なので安心です。

123456

この車の無料一括査定を利用して自分の車の適正価格を知っておきましょう。そしていざディーラーで下取りとなったときに、その下取り額が適正だか判断することができます。

車の無料一括査定かんたん車査定ガイドはこちら

 

トヨタ新型カローラフィールダー/ハイブリッドの値引き交渉方法

手段を選ぶな

目標の25万円引きをゲットするためには、あらゆる手段を使いましょう。

まず他社のクルマと競合させることです。ホンダ・フィット、スバル・インプレッサスポーツ、日産・ウイングロードは必ず試乗しましょう。

当て馬はウイングロード

特にウイングロードはほとんど投げ売り状態という噂があります。

日産ディーラーでウイングロードの30万円引きの見積もりをゲットすれば、カローラフィールダーの交渉は有利に運ぶはずです。

「クルマにこだわりがない」という姿勢が重要

カローラフィールダーを本気で愛した人でも、「実は私、クルマにこだわりがないんです」という姿勢は崩さないようにしましょう。

実際、そのようなオーナーが多いクルマなのです。営業担当に「この客は値引き額で決める」と思わせることが重要です。

また、ハイブリッド車狙いであれば、「ホンダのハイブリッドも良いよね」と言いましょう。

カローラフィールダーの営業担当が「ハイブリッドといえば、うちですよ。ホンダのなんちゃってハイブリッドなんかと比べないでください」と興奮してきたら、こっちのものです。

 

トヨタ新型カローラフィールダーのライバル車はフィットとインプレッサスポーツ

ホンダ・フィット

fit

フィットにはハイブリッドを搭載したワゴン、フィットシャトルがありましたが、現在は販売が終了しています。なので、普通のフィットがライバルになります。積める荷物の量では圧倒的にカローラフィールダーに軍配が上がりますが、フィットは車体が小さい割には優れた荷物スペースです。

トヨタの営業担当に「カローラフィールダーとフィットでは比較になりませんよ」と言われたら、こう言い返してください。

「私の生活シーンの99%はフィットぐらいの大きさでいいんです。でも年に1、2回、キャンプに行くので、それでカローラフィールダーもありかなと思ったんです」

営業担当は途端に本気モードになるでしょう。

スバル・インプレッサスポーツ

スバルインプレッサスポーツ

カローラフィールダーのライバルにインプレッサスポーツを挙げたら、インプレッサスポーツのファンに怒られるかもしれません。

それくらいインプレッサスポーツは、こだわりが詰まった優秀なクルマです。しかし、ステーションワゴンというくくりでは、両車はガチンコライバルです。

両車の違いは、味付けです。万人受けで控えめさが売りのカローラフィールダーに対し、硬派な4WD走行が人気のインプレッサスポーツという位置づけです。

 

トヨタ新型カローラフィールダー/ハイブリッドの中古車情報

走行距離があってもしっかりしている

2015年型で4万5千kmを走行したHYBRID G“W×B”(2WD)が、車体価格193万円で売りに出ていました。

同じグレードの新車価格が2,474,182円ですから、54万円の値下がりとなります。

1年落ちのクルマを54万円も安く買えるのは嬉しい限りですが、走行距離が気になります。

普通のクルマであれば、走行距離が3万kmを超えると、そろそろ中古車の感じが現れ始めます。

4万km以上になると、前のオーナーの痕跡がありありと残っていることでしょう。

しかしカローラフィールダーぐらい作りがしっかりしていると、4万5千kmは許容範囲かもしれません。

潔癖症の人には4万5千km走行車は厳しいかもしれませんが、実益を取るならこの価格は魅力的です。

中古車が値下がりしにくい

次に紹介するのは、1万2千km走行の2015年型の1.5G(2WD )です。車体価格は179万円でした。

同グレードの新車は1,922,400円で、価格差は13万円しかありません。これくらいなら、新車を買いたいところです。

そこで思い切って旧型を探してみると、これも奇妙な現象が起きています。

2011年型の5万2千km走行車が、139万円もします。大衆車の代表格で、旧型で5万km超走行であれば、100万円を切ってほしい気もしますが、そうはなっていません。

これがトヨタの実力です。年月が経っても車体がヤレないので、中古車相場が維持されるのです。

 

トヨタ新型カローラフィールダー/ハイブリッドの値引き相場&交渉方法まとめ

■値引きのコツ■
・ホンダフィットとスバルインプレッサスポーツと競わせよう

・日産ウイングロードの見積もりを交渉に使おう

・クルマにこだわりがなく値引きだけで決める客だと思わせよう

・今乗っている車を高く売り、新車購入の資金に充てる

 

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です