日産新型セレナのボディカラー人気色ランキングBEST12

1991年に世に出されてから数年ごとにモデルチェンジをし、2016年以降、新型の5代目C27型が販売されている日産セレナ。2018年3月1日からはセレナ e-POWERが販売開始。日々進化を続けています。

その新型セレナを購入したいと思ったときに迷うのが、どのボディカラーにするかということですね。種類が豊富なので、色の名称を見ただけではどれにするか決めかねます。

将来セレナを売ることを考えて人気色を購入したいという人もいれば、みんなと同じは嫌だから人気じゃない色にしたいという人もいるでしょう。

そんな方のために今回は、日産新型セレナのボディカラー人気色ランキングをご紹介します。どの色が人気なのか予想しながら読むと、楽しいですよ!

日産新型セレナの色は12色ある

日産新型セレナの色は全部で12色あります(e-POWER専用色のミントホワイトパールを入れた場合は13色)。12色のうち3色がオプションカラー、5色が有料カラー、残り4色が2トーンカラーです。

・ブリリアントシルバー
・アズライトブルー
・シャイニングブルー

以外の色は有料で、43200円~75600円の追加料金が必要となるので注意しましょう。できるだけ安い色にしたいという方は、無料の3色の中から選ぶことがおすすめですね。

それでは早速日産新型セレナのボディカラー人気色ランキングを見ていきましょう。1位から発表していきますよ!

第1位 ブリリアントホワイトパール

定番色であるホワイト系のブリリアントホワイトパールが1位です。ミニバンでは苦戦しがちなホワイト系ですが、セレナでは発売当初から人気を維持しています。人気色を買いたいという方にはおすすめですよ。

ホワイト系は汚れや傷が目立ちにくいというメリットがあります。もしもホワイト系とブラック系で迷っていて、自分のことを面倒臭がりだと思う方がいたら、ブリリアントホワイトパールにすることをおすすめします。

パール系の装飾でどことなく高級感が漂っているところもプラス評価のポイントですね。

第2位 マルーンレッド/ダイヤモンドブラック

セレナと言えばこの色と思う方も多いではないでしょうか。広告の影響もあり、マルーンレッド/ダイヤモンドブラックを選ぶ人がたくさんいます。

赤色は派手なイメージがありますが、セレナのマルーンレッドは、渋めのかっこいい赤色をしているんですね。そこにダイヤモンドブラックが加わることで、さらに引き締まった大人の雰囲気を出すことに成功しています。

ホワイトパールと同じく高級感があり、男女問わず大人に大人気のボディカラーです。

第3位 ダイヤモンドブラック

人気のブラックですね。セレナでも安定した人気があります。キラキラと輝くブラックに心を奪われる人が続出しています。

上品さがある仕上がりになっているため、若い人はもちろんのこと、年配の方にもおすすめできるボディカラーですね。

人気色を買いたいんだけどホワイト系は明るすぎてちょっと…と思う方はダイヤモンドブラックを選ぶといいでしょう。

第4位 マルーンレッド

マルーンレッド/ダイヤモンドブラックで述べました通り、渋めの赤色をしている人気色です。赤色でありながら高級感と大人の雰囲気が漂う点が人気の秘密です。

単色なので2トーンカラーのマルーンレッド/ダイヤモンドブラックに比べて安いというメリットがあります。単色の方がかっこいい、ブラックはいらないと思う方は、マルーンレッドを選ぶといいでしょう。

第5位 ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック

いいとこどり!?と言いたくなる人気色の組み合わせですね。 ブリリアントホワイトパール単色や、マルーンレッド/ダイヤモンドブラックあたりと迷う人が多いです。

ブラックが入ることで、単色のブリリアントホワイトパールに比べて引き締まった印象を与えることができます。

値段が単色に比べて高いので、それなら安い方でいいかなと判断する人が多く、この順位に留まっています。

第6位 アズライトブルー

やや濃い目の落ち着いた青系のボディカラー。若者に人気です。無料カラーなのも嬉しいですね。

無難な色は嫌だけど冒険しすぎて似合わないということになるのはもっと嫌だなあ…という願望に応えた、程よいボディカラーであるということができるでしょう。

アズライトブルーは、どちらかというと女性よりも男性が選ぶ傾向にあるボディカラーです。個性を出したい20代男性の方に一番おすすめですよ。

第7位 カシミアグレージュ

上品な印象を与えるボディカラーで、どちらかというと女性に人気ですね。

汚れが目立ちにくく、渋い色合いをしていることから、年配に人気があるというイメージを持つ方が多いです。

赤、青、白、黒などの色は自分には派手すぎる、もっと無難で落ち着いている色が欲しいという方は、このカシミアグレージュを選ぶといいでしょう。

第8位 ブリリアントシルバー

汚れが目立ちにくい無難な色と言えばシルバーですね。年配の方に人気があります。無料カラーというのも嬉しいポイント。

商用車で使われることが多く、そこをどう評価するかどうかで購入するかどうか決まってきそうです。商用車みたいで嫌だという人もいます。

ブリリアントシルバーは、カシミアグレージュと同じく、とにかく無難な色がいいという方におすすめできるボディカラーですね。

第9位 インペリアルアンバー

茶系のボディカラーで、正直なところあまり人気がありません。渋すぎて年配の男性が乗るものというイメージが根強く、若い人や女性が敬遠しがちということが理由に挙げられます。

とはいえ、海外では人気の茶系ですから、色そのものが悪いというわけではありません。車の存在感があって、その独特さに病みつきになる人もいます。

街で見かけることがあまりありませんので、人と被るのは嫌だという方におすすめできますね。

第10位 シャイニングブルー

明るく爽やかな色をしていますが、セレナの中では不人気のボディカラーです。夏の海や空をイメージできる、心が晴れるような色合いをしているので、アクティブな人や若い人におすすめできます。

無料カラーなので、安く済ませることができるというのも大きなメリットですね。

アズライトブルーはちょっと暗いなと思う方や目立つ色がいいという方は、このシャイニングブルーを選ぶといいでしょう。

第11位 カシミアグレージュ/インペリアルアンバー

茶系の落ち着いた色の組み合わせという珍しさがポイントのボディカラーですね。ただし両色とも人気色ではないので、わざわざ追加料金を払ってまでこの色を選びたいという人があまりおらず、不人気となっています。

無難さを保ちつつ、ささやかな個性を出したいという方には、おすすめできるボディカラーですね。

第12位 ダイヤモンドブラック/ブリリアントシルバー

名前だけ見ると、ブラック系とシルバーの組み合わせで人気になりそうなものですが、意外と不人気のボディカラーです。

その理由は、バランスの悪さにあります。ブラックをメインにして頭をシルバーにしているため、どことなく締まりのない違和感のある仕上がりになっているんですね。これならシルバーはない方がかっこいいのでは?と思われてしまいます。

他の似たような色に客が流れてしまうため、ほとんど売れないという結果に終わっています。

日産新型セレナの高く売れる色

先のことを考えて、高く売れる色のセレナが欲しいという方もいるでしょう。中古車市場では、ホワイト系、ブラック系のボディカラーが人気なので、セレナでもその系統のボディカラーが高く売れます。よって

・ブリリアントホワイトパール
・ダイヤモンドブラック
・ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック

あたりがおすすめですね。高く売れるセレナを購入したい方は、この3色から選ぶことをおすすめします。

車を売る前に査定額の相場を知っておこう

ディーラーの査定で実際にこんなことがありました・・・

査定士
佐藤様、査定が完了しました!

本体の査定額は32万円になります。

今キャンペーン中なので特別に35万円になります。

佐藤さん
えっこれって高いのかな!?よくわからんなぁ・・・

車の相場を知らないと、適正価格がいくらだかわからず安値で売ってしまう可能性があります。

そうならないためにも複数の業者に査定して、一番高いとこに売るようにしましょう!

車の無料一括サイトで査定してみたところ、このような価格がでました↓↓

なんとディーラーより買取業者の方が30万円も高かったのです!!

話によると下取査定で0円だった日産ノートが10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です