トヨタ新型プリウス/ハイブリッドの評価&口コミを徹底調査【2018年9月】

トヨタ新型プリウスの評価・評判

新型プリウス

トヨタが世界1の自動車メーカーに君臨し、日本が世界1の自動車生産大国を誇っていられるのは、プリウスがあるからかもしれません。

そのプリウスが2015年、フルモデルチェンジを受けました。4代目となります。

プリウスといえば、

・ハイブリッドシステムによる超低燃費

・内装の豪華さ

・未来的なデザイン

現行プリウスはこれに加えて、4WDシステムを搭載し、デザインはさらに奇抜になりました。

ミニバンでもなく5名しか乗れないセダンなのに、車両価格は2,429,018~3,394,145円と、かなり高価です。

「買わない時代」といわれる現代でも、プリウスは例外です。

毎月コンスタントに2万台が売れ、ときには3万台に達することがあります。乗用車の販売台数で1位を独走中です。ホンダ・フィットの2倍以上も売れているのです。

走りの性能も向上しています。重い部品をクルマの下部に集め、カーブでの曲がりやすさを向上させました。道路が荒れているときに発生する車内の騒音も、さらに抑えられています。

内装の豪華さが増し、オーナーの心をくすぐります。「クラウンを買うのがばからしく感じる」という声もあります。

プリウスには4WD車の設定もあります。ただ普通の4WDの機構ではなく、後輪を電気モーターで動かす、なんちゃって4WDです。

普通の4WDより、悪路や雪道での走行性能は落ちますが、車体を軽くできる、コストを安くできるというメリットがあります。

プリウスのオーナーが海岸の砂浜や山中のでこぼこ道を走ることは少ないでしょうから、これでOKといえばOKです。

 

トヨタ新型プリウス/ハイブリッドの値引き相場&交渉方法

 

トヨタ新型プリウスの辛口評価

そんなプリウスですが、死角はあります。先代の3代目と比べて大きくなりすぎました。

ボディの大きさもさることながら、排気量が1500ccから1800ccに増えたのです。

走りに余裕が生まれたのはいいのですが、これに電気モーターの力が加わるので、もはやコンパクトカーとはいえません。

プリウスの魅力は、小さいのに超高性能メカが搭載されていることでした。

しかし現行車は、高級路線に走ってしまったのです。ただトヨタとしては狙いがあって、コンパクトなハイブリッド車を求める人には、アクアを用意しているのです。

また、さきほどボディが大きくなったと述べましたが、その割に車内はあまり広くなっていません。特に天井が低く、高齢者は乗降車に苦労するでしょう。

セダンとして考えると違和感はないのですが、しかしプリウスはファミリーカーというイメージが強いです。

どの年代でも快適にアクセスできるクルマにしてほしかったです。

 

トヨタ新型プリウスの燃費性能

プリウスの燃費はとうとう40km/Lを超えました。最も車体価格が安いグレードであるEが、最も良い燃費で、40.8km/Lという数値を叩き出しています。

もちろんこの数字は、メーカーが最良の条件で走らせたときの値です。

実際に買った人が街中で走らせると、50~60%程度の性能になるでしょう。しかしそれでも20.4~24.5km/Lも走ります。

Eのガソリンタンクは38Lですので、1回ガソリンスタンドで満タンにしたら、775~930kmも走るのです。

休みの日しか自家用車を使わない人なら、いつ給油したのか忘れてしまうでしょう。

ちなみにそのほかのグレードのガソリンタンクの容量は43Lです。

E以外の2WD車の燃費は37.2km/Lです。車重などが影響してEより落ちています。

4WD車の燃費はさらに落ちて34.0km/Lとなります。それでもすごい数字ですが。

 

トヨタ新型プリウスの価格と装備から見るおすすめグレードは?

おすすめグレードは、A(2WD)

プリウスは、グレードが高い順にA、S、Eの3つに分かれます。まずはSやEではダメな理由を説明します。

Eは最も燃費が良く、走行性能は上位グレードと同じで、最も価格が安いのですが、内装がとても寂しいです。新車で買ってもすぐに後悔するでしょう。

Sは中位グレードで、一見するとお買い得なのですが、電池が違うのです。

AとEの2WD車は、最新のリチウムイオン電池を使っています。一方でSは、旧型のニッケル水素電池なのです。

プリウスの場合、リチウムイオン電池もニッケル水素電池も燃費の数値は同じなのですが、一般的にリチウムイオン電池の方が高性能とされているのです。

最新のプリウスを買うのであれば、多少出費がかさむことは目をつむり、最新、最良のものを買いましょう。

そのAですが、①Aプレミアム“ツーリングセレクション”、②Aプレミアム、③A“ツーリングセレクション”、④Aの4つがあります。

おすすめするのはAの中の最低グレードの、何もつかないAです。2WD車の車体価格を比較してみましょう。

Aプレミアム“ツーリングセレクション”(2WD) 3,199,745円
Aプレミアム(2WD) 3,107,455円
A“ツーリングセレクション”(2WD) 2,926,800円
A(2WD) 2,777,563円

 

Aプレミアム“ツーリングセレクション”と何もつかないAでは、42万円も差があります。

Aでも衝突安全装置やアルミホイール、温熱シートなど快適装備が山ほど付いています。

プリウスに300万円も出すのは、正直もったいないです。高級セダンのトヨタ・マークXを買えてしまいます。

 

トヨタ新型プリウスの辛口評価まとめ

プリウスは本当に良くできたクルマです。自動車評論家も、一般の人も、プリウスのことを悪くいう人はいないでしょう。

おカネをいっぱい持っている高級車志向の人ですら、現行プリウスに驚くのではないでしょうか。

仮にケチを付ける人がいたとしても、それによってプリウスの価値が落ちることはありません。完全に完璧なクルマです。

しかしそれだけに、クルマ好きのマニアには、面白くないクルマといえます。飛び抜けたところがないからです。

それに、街中にあふれすぎています。毎月2万台も世の中に出ているのですから当然です。

人と同じことをしたくないという人は、きっとプリウスを選ばないでしょう。

 

トヨタ新型プリウス/ハイブリッドの値引き相場&交渉方法

⇒ 販売台数首位争い!トヨタの人気ハイブリッド車アクアとプリウスの違いを徹底比較

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です