スズキ新型ハスラーの評価・口コミを辛口チェック【2018年8月】

スズキ新型ハスラーの評価・評判

スズキ新型ハスラーのオレンジ

スズキ・ハスラーは、テレビCMで見たことがある人が多いのではないでしょうか。

中高年にはドクタースランプ・アラレちゃんで訴えて、ももいろクローバーZで若い世代を惹きつける戦略は、大成功しました

ハスラーは、軽の王者ダイハツと、N-BOXで息を吹き返したホンダに挟まれて苦戦していたスズキが2014年9月に放った秘密兵器です。

秘密兵器という表現は大袈裟ではなく、当時のスズキの社長が「こういうクルマを作れ」と命じて誕生したのです。

しかし発売前のネットの評判は「ワゴンRの車体を上げただけ」「媚を売ったデザインが嫌い」と散々なものでした。でもいざ発売を開始するとバカ売れ状態です。

車体を上げてタフさを強調し、しかしユーモアあるフロントデザインにしたことで、性別に関わらず受けたのです。

スズキディーラーの営業担当によると、ショッピングモールからハスラーの展示会を開いてほしいと頼まれたことがあったそうです。

ショッピングモール側が、ハスラーの集客力を見抜いたわけです。実際に展示すると、本当に客であふれ、その場で契約が次々成立する状態だったそうです。

ハスラーの人気の秘密は、オフロード風のデザインです。

・車体を上げてタイヤとボディの間に隙間を作った→いかにも悪路を走りそう

・ボディ周りにプロテクターのようなプラスチック板を張る→飛び石から車体を守る雰囲気を演出

・運転席と助手席の正面に貼り付けた光沢のあるパネル→まさにポップ

さらに、パーツメーカーもハスラー専用のパーツを次々発売しました。リフトアップというカスタムは、ただでさえ高い車高をさらに上げる改造です。

改造といっても車検が通る改造で、違法ではありません。3cm上げるだけで、オフロード感が倍増します。

スズキ新型ハスラーの辛口評価

しかしハスラーの販売は、さほど振るいません。デビューイヤーの2014年度の総計ですら、軽自動車新車販売で9位でした。

ハスラーはインパクトがあり、話題にもなり、街中でもよく見かけるのに、意外な印象です。

2016年9月の単月でも8位です。1~7位を見ると、ハスラーの販売が振るわない理由が分かります。
1 ホンダ・N-BOX
2 ダイハツ・タント
3 スズキ・アルト
4 日産・デイズ
5 ダイハツ・ムーヴ
6 スズキ・ワゴンR
7 スズキ・スペーシア

そうなのです。ノッポ軽自動車と低価格車のオンパレードです。軽自動車の顧客の大半は、話題性より実用性を重視するのです。

実用車を求める人は騒がず静かに買っていくので、あまり目立たないのです。

冒頭で「ハスラーはバカ売れした」と表現しましたが、正確には「ハスラーは実用性が低い割にものすごく売れた」となります。

ハスラーは実用車ではありません。ハスラーの車高は167cmとかなりの高めです。

普通は車高が高くなると車内が広くなりますが、ハスラーはそうはいきません。なぜならオフロード車っぽく見せるために、ボディの底を上げているからです。

ハスラーの室内は、高さ125cm、長さ216cm、幅129.5cmです。

N-BOXの室内は、高さ140cm、長さ218cm、幅135cmです。

全然違います。

室内空間の狭さは、日常用途で不便なだけではありません。ハスラーの売りは、アウトドア・イメージでありオフロード・イメージです。この狭さでは、大量のアウトドアグッズを積むことができません。

しかも、シートは一応はフルフラットになるのですが、後部座席の背もたれが倒れません。最近はやりの車中泊は1人が限界でしょう。

ハスラーは、買い物用の街乗りでも不便、本格アウトドアも不向きという、究極のなんちゃってオフロード車なのです。

 

スズキ新型ハスラーの燃費性能

ハスラーの燃費は4種類あります。ターボ付きは、2WD27.8km/L、4WD26.2km/Lです。ターボなしは、2WD32.0km/L、4WD30.4km/Lです。

ただこれはカタログ数値といって、メーカーが最良の条件で走らせたときの最もよい数字です。

一般のオーナーが街中で走ると、大体60%ぐらいにまで落ちます。ですので大体15.7~19.2km/Lが目安となるでしょう。

とはいえ、これはすごい数字です。乗用車から乗り換えた人は、ガソリンスタンドに行く回数がかなり減ったことに驚くでしょう。

軽自動車の燃費では、スズキに一日の長があります。ダイハツはここまで叩き出せません。ホンダもハスラーにはかないません。

なぜならホンダは、軽自動車にハイブリッドを積まないからです。N-BOXの最も燃費が良いグレードでもカタログ数値で25.6km/Lにすぎません。ハスラーのターボ付き4WDにすら負けています。

スズキ新型ハスラーの価格と装備から見るおすすめグレードは?

①JスタイルⅡターボ4WD

ハスラーの最上級グレードです。価格は1,737,720円もします。JスタイルⅡは、おしゃれバージョンです。

おしゃれ装備を付けただけで値段を釣り上げているクルマも少なくないのです が、ハスラーの場合は違います。

フロントのデザインを思いっ切り変更していて、オフロード感が一層増しているのです。高級SUVランドローバーの雰囲気すら漂います。とてもほしくなります。

そしてここまでこだわったら、ぜひ4WDを選んでください。もちろん値段は上がりますが、ハスラーは4WDが似合います。

らにハスラーではターボ付きをおすすめします。これもおカネを出しても損した感じがしない装備です。それでJスタイルⅡターボ4WDをおすすめするのです。

②A2WD

車体価格は1,078,920円です。最安バージョンです。これこそハスラーの真骨頂です。なんちゃってオフロード車の2WD。

しかも恐らく値引き交渉をすれば90万円台までいくでしょう。かわいいのに格好良いハスラーを、100万円以下で買えるのは、日本に住んでいる人の特権です。

そのほかのグレードと価格は以下の通りです。屋根の色を別の色にしたバージョンと5MT車は省略しています。

 

スズキ新型ハスラーの辛口評価まとめ

箇条書きを入れる ハスラーの欠点は、デザインに固執したあまり、実用性も走行性能も中途半端になってしまったことです。

・値段は決して安くない

・デザインにおカネを払っている感じ

・アウトドアの雰囲気なのにアウトドアが苦手

しかしその欠点に目をつむることができると、途端に大好きになるでしょう。

ハスラーはなんちゃって感を追い求めたクルマですが、手を抜いて作られているわけではありません。

むしろその逆で、社長が号令をかけたクルマなので、細部まで丁寧に作り込まれています。燃費もそこそこ良いいのも嬉しいです。

ノースフェースやパタゴニアは、アウトドア・ウエアのブランドですが、街中で着こなしても様になります。

それと同様に都心でハスラーを運転している人は、センスがある人のように見えます。

ハスラーの値引き相場を知りたい方はこちら

車を売る前に査定額の相場を知っておこう

ディーラーの査定で実際にこんなことがありました・・・

査定士
佐藤様、査定が完了しました!

本体の査定額は32万円になります。

今キャンペーン中なので特別に35万円になります。

佐藤さん
えっこれって高いのかな!?よくわからんなぁ・・・

車の相場を知らないと、適正価格がいくらだかわからず安値で売ってしまう可能性があります。

そうならないためにも複数の業者に査定して、一番高いとこに売るようにしましょう!

車の無料一括サイトで査定してみたところ、このような価格がでました↓↓

なんとディーラーより買取業者の方が30万円も高かったのです!!

話によると下取査定で0円だった日産ノートが10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です