トヨタ新型カローラフィールダー/ハイブリッドの評価&口コミを徹底調査【2018年9月】

トヨタ新型カローラフィールダー/ハイブリッドの評価・評判

一時のステーションワゴンブームが去った今、カローラフィールダーは数少ない生き残りです。

ミニバンは大きすぎる、セダンは不便、SUVは値段が高い――そんな不満を一気に解消できる、優秀な普通のクルマです。

現行カローラフィールダーは2013年9月にモデルチェンジを受けました。

・ハイブリッドや4WD、マニュアル車も用意

・カローラブランドの強さ

・世界戦略車なのでトヨタの本気度はけた違い

これが現行車の魅力でしょう。多くの自動車評論家は「カローラには欠点がない」と言います。

それは乗り心地や内装の作りだけではありません。買うときに安く、高値で売れます。

長年乗っても故障知らずです。室内の静かさは特筆ものです。クルマはこれくらいでいいと思わせる1台でしょう。

カローラフィールダーは決して上級車ではありませんが、快適さを求めてもきちんと応えてくれます。

 

トヨタ新型カローラフィールダー/ハイブリッドの辛口評価

欠点は個性のなさ

カローラフィールダーの欠点のなさは、言い換えると個性のなさです。

つまり、日本人の好みの平均を取ったらこのクルマになった、というクルマです。

しかし平均的な人なんて何人存在するのでしょうか?

まずデザインがつまりません。顔や尻に曲線を盛り込み豪華さや色気を演出しようとしていますが、効果的とはいえません。

スバルのステーションワゴンは、ステーションワゴンとして生まれましたが、カローラフィールダーは業務用のバンを飾り付けたようなものです。

スマップの木村拓哉さんを起用したCMが話題になりましたが、それでもカローラフィールダーが持つやぼったさは払しょくされませんでした。

内装の品質の劣化が気になる

内装についても「過不足ない」という評価が圧倒的に多いのですが、しかし先代のカローラフィールダーのオーナーは「現行車のコストダウンは露骨」と手厳しいです。

特に内装のプラスチックの材質やシートの硬さに非難が集まっています。

つまり、トヨタマジックに惑わされる人はカローラフィールダーの内装に満足できますが、カローラフィールダーに詳しい人は、品質の劣化が気になるということです。

 

トヨタ新型カローラフィールダー/ハイブリッドの燃費性能

カローラフィールダーにはハイブリッドが用意されています。燃費はなんと33.8km/Lです。

この数値はカタログ値といい、最良の条件で走らせたときの燃費です。

都内で走ると加速や停止を繰り返したりクーラーを使用したりと、走行条件はどんどん悪化するのでカタログ値の5~6割程度になります。

それでも16.9~20.3km/Lです。

日常生活でこの燃費を体感すると、ちょっとガソリン車には戻れないかもしれません。

ガソリン車とハイブリッド車の違い

カローラフィールダーのガソリン車には1800ccと1500ccがあり、それぞれの燃費は16.6km/Lと23.0km/Lです。

この排気量でこの数字は文句なしですが、ハイブリッド車と比べると悲しいくらい見劣りします。

確かにハイブリッド車は割高なのですが、それでもステータスを考えると、心は激しくハイブリッド車に揺れ動きます。

1500ccのガソリン車には4WDの設定があり、燃費は3割程度悪化します。

 

(マニュアル以外はSuper CVT-i)

HYBRID G“W×B”(2WD)33.8km/L

HYBRID G“AEROTOURER”(2WD)33.8km/L

HYBRID G(2WD)33.8km/L

HYBRID(2WD)33.8km/L

1.8S“W×B”(2WD)16.6km/L

1.8S(2WD)16.6km/L

1.5G“W×B”(2WD)23.0km/L

1.5G“W×B”(4WD)16.0km/L

1.5G“AEROTOURER”(2WD)23.0km/L

1.5G“AEROTOURER”(2WD、マニュアル)17.6km/L

1.5G“AEROTOURER”(4WD)16.0km/L

1.5G(2WD )23.0km/L

1.5G(2WD、マニュアル)17.6km/L

1.5G(4WD)16.0km/L

1.5X(2WD)23.0km/L

1.5X(2WD 、マニュアル)17.6km/L

1.5X(4WD)16.0km/L

トヨタ新型カローラフィールダーの価格と装備から見るおすすめグレードは?

HYBRID G(2WD)がおすすめグレード

もしカローラフィールダーを買うと決めたのであれば、ここは思い切ってハイブリッド車を選びましょう。おすすめは上から3番目のグレードのHYBRID G(2WD)です。

これをすすめる理由は次の2点です。

・ガソリン車なら1800ccに乗りたいが価格が割高

・コスパならハイブリッド車で最も安いHYBRID(2WD)だがHYBRID G(2WD)の衝突支援回避支援パッケージは捨てがたい

ガソリン車の1500cc車は「やめた方がいい」と多くのオーナーがと言っています。馬力やトルクが小さく、乗っていて面白くないそうです。

一方でガソリン車の1800cc車は、馬力があって良いのですが、一番安いモデルである1.8S(2WD)でも2,214,000円もします。

HYBRID G(2WD)は2,298,437円ですので、価格差は84,437円しかありません。

1.8S(2WD)もHYBRID G(2WD)も、衝突支援回避支援パッケージという、最新の安全装置が付いています。

1.8Sの140馬力は相当強力で、HYBRID Gの74馬力はかなり非力です。しかし、ハイブリッド車に乗る喜びは馬力の魅力を上回るでしょう。

 

(消費税込価格)

HYBRID G“W×B”(2WD)2,474,182円

HYBRID G“AEROTOURER”(2WD)2,373,055円

HYBRID G(2WD)2,298,437円

HYBRID(2WD)2,195,345円

1.8S“W×B”(2WD)2,324,945円

1.8S(2WD)2,214,000円

1.5G“W×B”(2WD)2,114,837円

1.5G“W×B”(4WD)2,240,509円

1.5G“AEROTOURER”(2WD)1,989,163円

1.5G“AEROTOURER”(2WD、マニュアル)1,871,345円

1.5G“AEROTOURER”(4WD)2,130,545円

1.5G(2WD )1,922,400円

1.5G(2WD、マニュアル)1,804,582円

1.5G(4WD)2,063,782円

1.5X(2WD)1,743,709円

1.5X(2WD 、マニュアル)1,625,891円

1.5X(4WD)1,885,091円

 

トヨタ新型カローラフィールダー/ハイブリッドの辛口評価まとめ

カローラフィールダーを買わない理由は、1つしかありません。

『カローラだから』

カローラはとても古いクルマです。いわゆるオワコンです。あるトヨタディーラーの営業担当はこう言いました。

「カローラが少しでも良いと感じたら、絶対にプリウスを買った方がいいですよ」

つまり、カローラの良さをすべて盛り込んで、なおかつ上級に仕上げたのがプリウスなのです。

カローラフィールダーは、セダンのカローラに荷物置き場を付け足しただけのクルマです。買って喜びを得られるクルマではありません。

レジャーに出かけているのに、商業車に乗っているような気分になってしまったら寂しくありませんか。

カローラフィールダーの値引き相場を知りたい方はこちら

車を売る前に査定額の相場を知っておこう

ディーラーの査定で実際にこんなことがありました・・・

査定士
佐藤様、査定が完了しました!

本体の査定額は32万円になります。

今キャンペーン中なので特別に35万円になります。

佐藤さん
えっこれって高いのかな!?よくわからんなぁ・・・

車の相場を知らないと、適正価格がいくらだかわからず安値で売ってしまう可能性があります。

そうならないためにも複数の業者に査定して、一番高いとこに売るようにしましょう!

車の無料一括サイトで査定してみたところ、このような価格がでました↓↓

なんとディーラーより買取業者の方が30万円も高かったのです!!

話によると下取査定で0円だった日産ノートが10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です