トヨタ新型カローラアクシオ/ハイブリッドの値引き相場&交渉方法【2018年9月】

トヨタ新型カローラアクシオ/ハイブリッドの値引き相場

カローラアクシオの値引き額は総額25万円が第1目標になるでしょう。内訳は車体20万円引き、オプション10万円引きといったところです。

第1目標とはいえ、簡単には達成できないでしょう。地域によっては総額20万円引きでストップということもありえます。

「ストップ」とは、ディーラー側から「これが限界です。これ以上の値下げを要求するなら買ってもらわなくてOKです」と言われるという意味です。

ただ、値引き交渉の強者は総額30万円引きをゲットしています。ですのでやはり総額25万円引きは達成したいところです。

 

値引き相場がわかったら下取り車の買取相場を調べる

今乗っている車を高く売ることができれば新車を安く購入できることと同じです。

一般的な流れでは新車を購入するディーラーでそのまま下取りしてもらうことになります。

でも待ってください!その下取り額は適正価格ですか??

適正価格かを調べるためには車の無料一括査定がおすすめです!

一括査定は一度に複数の買取業者に見積もりを取ってくれる今流行の便利なサービスです。複数の買取業者で見積もりを取れるので自分の車の査定額がいくらになるのか知ることができます。

買取業者を1社1社回ると手間と労力がかかりますが、このサービスを利用すれば手間がかからないので効率がいいのです。もちろんみなさんが知っている買取業者も参加しています。ガリバー・ラビット・アップル・カーチスなど大手買取業者なので安心です。

123456

この車の無料一括査定を利用して自分の車の適正価格を知っておきましょう。そしていざディーラーで下取りとなったときに、その下取り額が適正だか判断することができます。

車の無料一括査定かんたん車査定ガイドはこちら

 

トヨタ新型カローラアクシオ/ハイブリッドの値引き交渉方法

カローラ店同士で戦わせろ

カローラアクシオで総額25万円以上の値引きをゲットするには、テクニックが必要です。まずはトヨタディーラー同士で戦わせることです。カローラアクシオはカローラ店という販売店だけで売っています。そこで、お住まいの地域のカローラ店のほか、近隣市町村のカローラ店にも行きましょう。同じカローラ店でも、会社が違えば値引き合戦に持ち込めます。

日産車で揺さぶりを

テクニックその2は、カローラアクシオの営業担当に、ライバル車をほしがっているふりをすることです。カローラアクシオのライバルは、トヨタではプレミオ、日産ではシルフィになります。この2車は必ず試乗しておきましょう。その体験談をカローラアクシオの担当者に伝えれば、張り切らないわけがありません。

1年かけて仲良くなろう

テクニックその3は、買い急がないことです。というのも、カローラアクシオの営業担当は、売り急いでいないからです。カローラアクシオは、黙っていても売れるクルマだからです。短くても半年はディーラーに通い、営業担当と仲良くなりましょう。もし現在乗っているクルマの次の車検までに余裕があれば、1年かけてもOKです。カローラアクシオ担当者をたっぷりじらしてください。

トヨタ新型カローラアクシオのライバル車はトヨタプレミオと日産シルフィ

トヨタ・プレミオ

トヨタ・プレミオは、カローラアクシオと同じ車体を使っています。両車は、味付けが少し異なる双子車といえます。

プレミオの特徴は、クラウンに似ていることです。特にフロント周りの顔つきや、後ろのデザインはそっくりです。

カローラアクシオとプレミオのどちらを買おうか迷ったら、この点がポイントとなるでしょう。

つまり、クラウンに似せようというプレミオの姿が姑息に感じるならカローラアクシオですし、クラウンテイストを素直に受け止められるならプレミオはアリです。

日産・シルフィ

日産側は、シルフィ―がカローラアクシオのライバルだとは思っていません。

シルフィの営業担当はカローラアクシオを格下に見ています。しかしクルマの出来では、互角です。

そこで日産・シルフィを買うときは、本当はシルフィが欲しいんだけど、値引きしてくれないならカローラアクシオにする、という態度に出ると営業担当ははりきるでしょう。

シルフィは不人気車ですが、外観も内装もしっかり作り込まれていて、悪くないクルマです。大幅値引きが出てきたら、買いでしょう。

 

トヨタ新型カローラアクシオ/ハイブリッドの中古車情報

カローラアクシオの「HYBRID G 2WD」の2014年型8000km走行車が156万円で出ていました。新車価格は220万円ですので、かなりお買い得です。

というより、カローラアクシオの中古車は急激に値段が落ちるので、新車で買うのがばからしく感じるでしょう。

「1.5X 2WD」の2014年型3万km走行車は、110万円です。新車より50万円近く安いです。

通常の中古車は、走行距離が3万kmを超えたあたりから、汚れやギシギシ感が気になり始めます。

しかしカローラアクシオは世界戦略車なので、造りが違います。3万km走行車なら、まだまだ安心して乗れるでしょう。

また、1つ前の型になりますが、「1.5X 2WD」の2009年型4万7千km走行車は、なんと65万円です。

「クルマは快適に安心して乗れればよい」という人は、これで決まりでしょう。

 

トヨタ新型カローラアクシオ/ハイブリッドの値引き相場&交渉方法まとめ

■値引きのコツ■
・カローラ店同士で戦わせる

・トヨタプレミオと日産シルフィを引合いに出す

・時間をかけてディーラーと仲良くなる

・今乗っている車を高く売り、新車購入の資金に充てる

 

トヨタ新型カローラアクシオ/ハイブリッドの評価&口コミを徹底調査はこちら

 

ディーラーに騙されるな!15万得するために下取りではなく買取にしよう

新車購入を検討している人たちの口コミを調べていたら、すごいことを発見してしまいました!!

買取業者の相場はディーラーの下取り額より、平均で10万円程高かったのです。

噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト(かんたん車査定ガイド)で自分の車をチェックしてみました。 そうすると・・・このような価格が出てきました↓↓

簡単な入力ですぐ査定

でも、これではまだ実際の価格がわからないので、買取業者に実車を見ていただき、ディーラーにも査定してもらったところ、 なんと買取業者の方が15万円も高かったのです!!

これで下取りが損だということが実証されました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

⇒ かんたん車査定ガイドで高く査定してもらえる理由とは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です